古本屋の殴り書き

書評と雑文

キーワード

「坐」と「座」の違い/『ただ坐る 生きる自信が湧く一日15分坐禅』ネルケ無方

・『人は死ぬから生きられる 脳科学者と禅僧の問答』茂木健一郎、南直哉 ・『賭ける仏教 出家の本懐を問う6つの対話』南直哉 ・『日々是修行 現代人のための仏教100話』佐々木閑 ・「坐」と「座」の違い・『静坐のすすめ』佐保田鶴治、佐藤幸治編著 ある本に…

シンギュラリティとは何か/『われわれは仮想世界を生きている AI社会のその先の未来を描く「シミュレーション仮説」』リズワン・バーク

・『2045年問題 コンピュータが人類を超える日』松田卓也 ・『ポスト・ヒューマン誕生 コンピュータが人類の知性を超えるとき』レイ・カーツワイル ・意識と肉体を切り離して考えることで、人と社会は進化する!?【川上量生×堀江貴文】 ・『AIは人類を駆逐…

ピノキオの語源

「ピノキオ」の語源がとても興味深い。今こそ、私たちのピノキオを最大限に生かす時だ。 pic.twitter.com/F3xRZK951g— ひよどり きびお (@Hiyodori_Kibio) April 5, 2024

健康とは/『生体の歪みを正す 橋本敬三・論想集』橋本敬三

・【東大教授 小林寛道 x 名越茂彦】アメリカとのトレーニング考え方の違い/単なる反復練習は効果無い/動作の基本:「軸」「同側神経支配」とは/子供の頃させるべき運動 ・『新正体法入門 一瞬でゆがみが取れる矯正の方程式』橋本馨 ・『調子いい!がずっ…

至誠とは/『〔復刻版〕中等修身 女子用』文部省

・『〔復刻版〕初等科國史』文部省 ・至誠とは・『勝海舟』子母澤寛 さくらさくうまし御国に生(あ)れいでて かくたのしむはうれしからずや(佐久良東雄)【『〔復刻版〕中等修身 女子用』文部省:橋本琴絵〈はしもと・ことえ〉解説(ハート出版、2023年)…

瞑想とは/『あなたはプラシーボ 思考を物質に変える』ジョー・ディスペンザ

・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか』シャロン・モアレム、ジョナサン・プリンス ・『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』デイヴィッド・イーグルマン ・『人間この信…

存在とは/『過去にも未来にもとらわれない生き方 スピリチュアルな目覚めが「自分」を解放する』ステファン・ボディアン

・『ザ・ワーク 人生を変える4つの質問』バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル ・『人生を変える一番シンプルな方法 セドナメソッド』ヘイル・ドゥオスキン ・『カシミールの非二元ヨーガ 聴くという技法』ビリー・ドイル ・存在とは ・マインドフ…

「せっけん」と「石けん」と「石鹸」は違う

ぶったまげたよ。固形石鹸を愛用する一人として大いに反省した。せっけんと石けんと石鹸って違うものって知ってた?知らなかった... pic.twitter.com/9FmnAA0phY— 蒼波(そうは) (@souhakurumi) January 9, 2024

レトリックとは/『ストーリーが世界を滅ぼす 物語があなたの脳を操作する』ジョナサン・ゴットシャル

・物語の本質~青木勇気『「物語」とは何であるか』への応答 ・『物語の哲学』野家啓一 ・『死と狂気 死者の発見』渡辺哲夫 ・『アラブ、祈りとしての文学』岡真理 ・コミュニケーションの主目的は「なびかせる」こと ・デジタル版「新パノプティコン」 ・レ…

気づきとは/『瞬間ヒーリングの秘密 QE:純粋な気づきがもたらす驚異の癒し』フランク・キンズロー

・『悲鳴をあげる身体』鷲田清一 ・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『生体の歪みを正す 橋本敬三・論想集』橋本敬三 ・『心をひらく体のレッスン フェルデンクライスの自己開発法』モーシェ・フェルデンクライス ・『左…

穢れとは

【穢れ】穢れ(けがれ)とは何かご存知ですか?何となく汚いイメージはあるものの実際は何かわかりません。そこで今日は穢れの正体について解説していきます。ここに透明なガラスのコップがあるとします。私は自分の腕をナイフで切りつけ、流れ出た血をコップ…

燔祭=ホロコースト

・『ホロコースト産業 同胞の苦しみを「売り物」にするユダヤ人エリートたち』ノーマン・G・フィンケルスタイン ・燔祭=ホロコースト 燔祭(はんさい、英語: Holocaust、ヘブライ語: קורבן עולה)とは、ユダヤ教とキリスト教において生贄の動物(雄の牛・羊…

「生きて虜囚の辱めを受けず」の真意

・凌遅刑(りょうちけい) ・「生きて虜囚の辱めを受けず」の真意当時中国軍に捉えられた捕虜はなぶり殺しにされ遺体をさらされるなど、 ただ死ぬよりずっと辛い結末が待っていました。 非人間的な仕打ちを受けて死ぬくらいなら潔く自決した方が良いと警告し…

疾病の意味/『子産』宮城谷昌光

・『晏子』宮城谷昌光 ・日本国民は一命をなげうって戦うか? ・疾病の意味 ・学問と戦争・『湖底の城 呉越春秋』宮城谷昌光 やまいには疾(しつ)と病(びょう)の字があてられるが、疾は軽度のやまいをあらわし、病はいわゆる重症のことである。病む、とい…

おばあさん仮説/『アルツハイマー病は治る 早期から始める認知症治療』ミヒャエル・ネールス

・『認知症の人の心の中はどうなっているのか?』佐藤眞一 ・アルツハイマーは文明病 ・おばあさん仮説・『アルツハイマー病 真実と終焉 “認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム』デール・ブレデセン ・『精神疾患は脳の病気か? 向精神薬の化学と虚構…

中国武術の隠し武器【暗器】の秘密を宮平保が徹底解説

おりも政夫を思わせる風貌の宮平保は私と同齢で間もなく還暦を迎える。驚くほど若々しい。「暗器」なる言葉を初めて知ったが絶妙なネーミングである。暗の字には「くらい、かくす、かげ、やみ」との意味がある。自ずと暗殺のイメージが浮かぶ。いざという時…

神経可塑性とは/『脳はいかに治癒をもたらすか 神経可塑性研究の最前線』ノーマン・ドイジ

・『壊れた脳 生存する知』山田規畝子 ・『「わかる」とはどういうことか 認識の脳科学』山鳥重 ・『脳のなかの幽霊』V・S・ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー ・『脳のなかの幽霊、ふたたび』V・S・ラマチャンドラン ・『脳は奇跡を起こす』ノ…

ヒューリスティクスとは/『世界は感情で動く 行動経済学からみる脳のトラップ』マッテオ・モッテルリーニ

・『隠れた脳 好み、道徳、市場、集団を操る無意識の科学』シャンカール・ヴェダンタム ・『意識は傍観者である 脳の知られざる営み』デイヴィッド・イーグルマン ・予言の自己成就 ・ヒューリスティクスとは・『予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あ…