古本屋の殴り書き

書評と雑文

言葉

人体は液体である/『野口体操・からだに貞(き)く』野口三千三

・『漢字 生い立ちとその背景』白川静 ・『ことばが劈(ひら)かれるとき』竹内敏晴 ・『大野一雄 稽古の言葉』大野一雄著、大野一雄舞踏研究所編 ・『子どものからだは蝕まれている。』正木健雄、野口三千三編 ・『フェルデンクライス身体訓練法 からだから…

野口三千三とKJ法/『野口体操・ことばに貞(き)く  野口三千三語録』羽鳥操

・『身体感覚を取り戻す 腰・ハラ文化の再生』齋藤孝 ・『野口体操 感覚こそ力』羽鳥操 ・『野口体操・からだに貞(き)く』野口三千三 ・『野口体操・おもさに貞(き)く』野口三千三 ・野口三千三とKJ法・『原初生命体としての人間 野口体操の理論』野口三…

からだ=こころ、人間=自然/『野口体操・からだに貞(き)く』野口三千三

・『漢字 生い立ちとその背景』白川静 ・『ことばが劈(ひら)かれるとき』竹内敏晴 ・『大野一雄 稽古の言葉』大野一雄著、大野一雄舞踏研究所編 ・『子どものからだは蝕まれている。』正木健雄、野口三千三編 ・『フェルデンクライス身体訓練法 からだから…

貞について/『野口体操・からだに貞(き)く』野口三千三

・『漢字 生い立ちとその背景』白川静 ・『ことばが劈(ひら)かれるとき』竹内敏晴 ・『大野一雄 稽古の言葉』大野一雄著、大野一雄舞踏研究所編 ・『子どものからだは蝕まれている。』正木健雄、野口三千三編 ・『フェルデンクライス身体訓練法 からだから…

佐川幸義の合気/『透明な力 不世出の武術家 佐川幸義』木村達雄

・『雷電本紀』飯嶋和一 ・『日本の弓術』オイゲン・ヘリゲル ・『鉄人を創る肥田式強健術』高木一行 ・『肥田式強健術2 中心力を究める!』高木一行 ・『表の体育裏の体育 日本の近代化と古の伝承の間(はざま)に生まれた身体観・鍛錬法』甲野善紀 ・『武…

死ぬまで進化し続けた佐川幸義/『透明な力 不世出の武術家 佐川幸義』木村達雄

・『雷電本紀』飯嶋和一 ・『日本の弓術』オイゲン・ヘリゲル ・『鉄人を創る肥田式強健術』高木一行 ・『肥田式強健術2 中心力を究める!』高木一行 ・『表の体育裏の体育 日本の近代化と古の伝承の間(はざま)に生まれた身体観・鍛錬法』甲野善紀 ・『武…

佐川幸義は宮本武蔵を超えた!?/『透明な力 不世出の武術家 佐川幸義』木村達雄

・『雷電本紀』飯嶋和一 ・『日本の弓術』オイゲン・ヘリゲル ・『鉄人を創る肥田式強健術』高木一行 ・『肥田式強健術2 中心力を究める!』高木一行 ・『表の体育裏の体育 日本の近代化と古の伝承の間(はざま)に生まれた身体観・鍛錬法』甲野善紀 ・『武…

ジョン・レノン「僕たちは狂人たちによって、狂人たちの目的を果たすために支配されている」

僕が表現すると消されてしまうって言っておられます当時私は何も知らないから TVで報道されたまんま信じてました。 pic.twitter.com/dpkrID3vYy— 裕子 (@kkkfff1234k) November 6, 2023

穢れとは

【穢れ】穢れ(けがれ)とは何かご存知ですか?何となく汚いイメージはあるものの実際は何かわかりません。そこで今日は穢れの正体について解説していきます。ここに透明なガラスのコップがあるとします。私は自分の腕をナイフで切りつけ、流れ出た血をコップ…

相手の苦しみに内臓が共鳴したとき

・『身体感覚で『論語』を読みなおす。 古代中国の文字から』安田登 ・『日本人の身体』安田登 ・相手の苦しみに内臓が共鳴したとき短歌研究8月号の能楽師の安田登さんの連載の一節「相手の苦しみに内臓が共鳴したときに、それは内臓の深奥からの息となって…

「気」という文化/『養生訓に学ぶ』立川昭二

・『すらすら読める養生訓』立川昭二 ・「身」の意味 ・「気」という文化・『養生訓』貝原益軒:松田道雄訳 ・『養生訓・和俗童子訓』貝原益軒:石川謙校訂 ・『静坐のすすめ』佐保田鶴治、佐藤幸治編著・身体革命 ・必読書リスト その四 「身」という日本語…

「身」の意味/『養生訓に学ぶ』立川昭二

・『すらすら読める養生訓』立川昭二 ・「身」の意味 ・「気」という文化・『養生訓』貝原益軒:松田道雄訳 ・『養生訓・和俗童子訓』貝原益軒:石川謙校訂 ・『静坐のすすめ』佐保田鶴治、佐藤幸治編著・身体革命 ・必読書リスト その四 日本語の身にはさま…

強くなるということは鈍くなるということ

強くなることはないです。弱い自分に苦しむことが 大事なことなんです。人間は元々弱い生き物なんです。 それなのに、心の苦しみから 逃れようとして強くなろうとする。強くなるということは 鈍くなるということなんです。痛みに鈍感になるということなんで…

食事療法か食餌療法か?

以前から疑問だったが、やっと判明した。 この食事療法という言葉、実は本来は食餌療法という文字を使うのですが、一般の人には読み慣れない(使い慣れない)文字ということもあり、当院のサイトや資料でも「食事」という文字を使用しています。 【スタッフ…

濡れ手に粟

錬金術と並んで人間が長い間、その実現に向け夢を追いつづけてきたものに永久機関がある。永久に作動し、仕事をしてくれる、“濡れ手に粟(あわ)”の機械である。 【『〈どんでん返し〉の科学史 蘇る錬金術、天動説、自然発生説』小山慶太〈こやま・けいた〉…

奇妙な中国礼賛/『季語百話 花をひろう』高橋睦郎

・鏡餅は正月の花 ・奇妙な中国礼賛 この感想に反論する人びとの中のある人は、わが国には歳時記があり季語があり、季語をいのちとする俳句があるではないか、と言うだろう。けれども、歳時記も季語も日本人の発明ではない。その原型である暦(こよみ)は、…

「耳ざわりがよい」という言葉は耳障りだ

いつの頃からか「耳触り」なる漢字表記が現れた。「耳障りがよい」は明らかな間違いで、普通は「耳当たりがよい」と表現する。ところが「耳触り」が出回ってきているようだ。 しかし、近年になって「耳触り」が勢力を増しています。広辞苑も7版でついに「耳…