古本屋の殴り書き

書評と雑文

カダフィが殺された本当の理由

カダフィ関連記事

読み始める

パーリ原典全訳/『呼吸による気づきの教え パーリ原典「アーナーパーナサティ・スッタ」詳解』井上ウィマラ

『古武術と身体 日本人の身体感覚を呼び起こす』大宮司朗
『白隠禅師 健康法と逸話』直木公彦
『左脳さん、右脳さん。 あなたにも体感できる意識変容の5ステップ』ネドじゅん
『釈尊の呼吸法 大安般守意経に学ぶ』村木弘昌
『大安般守意経入門 苦を滅して強運になる 正しい呼吸法で無心な判断を』西垣広幸

 ・無明とは
 ・パーリ原典全訳

『呼吸による癒し 実践ヴィパッサナー瞑想』ラリー・ローゼンバーグ

お腹から悟る
身体革命
必読書リスト その五

呼吸による気づき:16の考察法

 それでは修行者たちよ、呼吸による気づきを、どのようにして何回も繰り返し修行したならば、どのように大きな効果があり、どのように大きな成果がもたらされるでしょうか。
 修行者たちよ、この教えと導きの中で、修行者は森に行き、あるいは樹下に行き、あるいは空家に行って、足を組んで坐り、身体をまっすぐに保ち、気づきを(呼吸という)対象に満遍なく向け、気をつけて息を吸い、気をつけて息を吐きます。
 1.長く息を吸っているときには、「長く息を吸っている」と知り、長く息を吐いているときには、「長く息を吐いている」と知る。
 2.短く息を吸っているときには、「短く息を吸っている」と知り、短く息を吐いているときには、「短く息を吐いている」と知る。
 3.「全身を感じながら息を吸おう」と訓練し、「全身を感じながら息を吐こう」と訓練する。
 4.「身体の動きを静めながら息を吸おう」と訓練し、「身体の動きを静めながら息を吐こう」と訓練する。
 5.「喜びを感じながら息を吸おう」と訓練し、「喜びを感じながら息を吐こう」と訓練する。
 6.「リラックスしながら息を吸おう」と訓練し、「リラックスしながら息を吐こう」と訓練する。
 7.「心の動きを感じながら息を吸おう」と訓練し、「心の動きを感じながら息を吐こう」と訓練する。
 8.「心の動きを静めながら息を吸おう」と訓練し、「心の動きを静めながら息を吐こう」と訓練する。
 9.「心を感じながら息を吸おう」と訓練し、「心を感じながら息を吐こう」と訓練する。
 10.「心を喜ばせながら息を吸おう」と訓練し、「心を喜ばせながら息を吐こう」と訓練する。
 11.「心を安定させながら息を吸おう」と訓練し、「心を安定させながら息を吐こう」と訓練する。
 12.「心を解き放ちながら息を吸おう」と訓練し、「心を解き放ちながら息を吐こう」と訓練する。
 13.「無常であることを繰り返し見つめながら息を吸おう」と訓練し、「無常であることを繰り返し密ながら息を吐こう」と訓練する。
 14.「色あせてゆくのを繰り返し見つめながら息を吸おう」と訓練し、「色あせてゆくのを繰り返し見つめながら息を吐こう」と訓練する。
 15.「消滅を繰り返し見つめながら息を吸おう」と訓練し、「消滅を繰り返し見つめながら息を吐こう」と訓練する。
 16.「手放すことを繰り返し見つめながら息を吸おう」と訓練し、「手放すことを繰り返し見つめながら息を吐こう」と訓練する。
 修行者たちよ、このように呼吸による気づきを何回も繰り返し修行したとき、大きな効果があり、大きな成果があるのです。(225~227ページ)

【『呼吸による気づきの教え パーリ原典「アーナーパーナサティ・スッタ」詳解』井上ウィマラ(佼成出版社、2005年)】

 一度必読書としてその後外した。最大の理由は自身の悟りについて全く触れていないことだ。更に後半でサンガ礼賛が目立つのも感心しない。悟りの自由よりも、上座部教団への隷属を感じた。

 文章が悪いわけではないのだが、中途半端な姿勢が本書全体を暗くしていて明晰さを欠いている。自分の理解の程度を拳で握って隠しながら、わかったような口調で解説しているように映るのだ。

 しかし巻末に「パーリ原典全訳」があったため、再び必読書とした。わずか12ページだが金塊のような重みがある。

 既に何度も書いてきた通り、日本語の横書きは漢字の香りを失わせる。個人的には教科書や論文ですら読む気が失せる。よほどのことがない限り私は横書きの書籍を読まない。

 本書は手引きとして使うべきで、全面的に信じ込んでしまうと危うい。例えば本テキストでいえば、「感じながら」は「観じながら」が正しいような気がする。ブッダが感覚を重んじたとは思えないからだ。感覚は主観に基づいて形成されており、大概の場合誤っているのだ。五感は世界を手繰り寄せる機能だが、あまりにも錯覚や類推が多い。むしろブッダが説いたのは五感情報を相対化し、離れて観察することであったはずだ。

 というような指摘をしたくなる箇所が随所に見られ、多少の仏教知識がなければ鵜呑みにしてしまうことだろう。

 また、「アーナーパーナサティ・スッタ」と「スッタ」(経)を付け加えた理由も不明だ。

「16の考察法」は誤りだ。「観察法」である。ブッダが考察や思考を勧めたことはない。あまりにも誤謬が多いので誤謬を探すのも一興か。

 基本的には「今ここ」と生老病死の四苦を見つめるところに目的があることがわかる。

 私はライダーだが、バイクに乗る目的は風を感じることにある。シャワーが爽快に感じるのも風を浴びる感覚と近いためだろう。とすれば、内なる風である呼吸もまた本来は快感であるはずなのだ。

人体は液体である/『野口体操・からだに貞(き)く』野口三千三

『漢字 生い立ちとその背景』白川静
『ことばが劈(ひら)かれるとき』竹内敏晴
『大野一雄 稽古の言葉』大野一雄著、大野一雄舞踏研究所編
・『子どものからだは蝕まれている。』正木健雄、野口三千三
『フェルデンクライス身体訓練法 からだからこころをひらく』モーシェ・フェルデンクライス
『心をひらく体のレッスン フェルデンクライスの自己開発法』モーシェ・フェルデンクライス
『身体感覚を取り戻す 腰・ハラ文化の再生』齋藤孝
『野口体操 感覚こそ力』羽鳥操

 ・貞について
 ・からだ=こころ、人間=自然
 ・人体は液体である

『野口体操・おもさに貞(き)く』野口三千三
『野口体操・ことばに貞(き)く 野口三千三語録』羽鳥操
・『原初生命体としての人間 野口体操の理論野口三千三
『身体感覚をひらく 野口体操に学ぶ』羽鳥操、松尾哲矢
『アーカイブス野口体操 野口三千三+養老孟司(DVDブック)』野口三千三、養老孟司、羽鳥操
『生体の歪みを正す 橋本敬三・論想集』橋本敬三

身体革命
必読書リスト その二

「生きている人間のからだは、皮膚という生きた袋の中に、液体的なものがいっぱい入っていて、その中に骨も内蔵も浮かんでいるのだ」
 私がこう言うと、たいていの人はけげんな顔をします。というのは、人間のからだというと誰でもまず骨格というものから考えるからです。骨組みというコトバもあるように、まず骨がからだのもとになっていて、それに筋肉がつき、内蔵があって、そのいちばん外側を皮膚がおおいっている、というのがごく一般的なからだの構造に対する考え方だからです。
 しかし、このような感じ方だけで、ほんとうの生きている自分のからだが分かるでしょうか。
 まず皮膚という薄い、柔らかい、大小無数の穴のあいている一つの生きた袋がある。そして、その中に液体がいっぱい入っていて、骨、内蔵、もちろん脳やなんかも、その中に浮かんでいる――私はそれを実感として感じとることができるのです。
 私自身、このことにはっきり気がついたとき、ニュートン万有引力を発見した時には、こんなふうにびっくりしたのかなあ、とそう思うくらいびっくりしました。
 その時私は、寝ている人を起こそうとしていたんです。ちょうど足を持って、この人ずいぶん固いなあと思いながら、何となくゆすったんですね。そうしたら、自分が予想したよりもずっとゆれる。私はこんなことを意識的には期待していませんでしたから、これには驚きました。それで今度は意識してゆすってみたんです。するとまさに、ゆらゆらゆらゆら、実に柔らかく、まるで氷嚢(ひょうのう)のようにゆれ動くじゃないですか。(中略)
 からだの中の体液の存在に気がついた瞬間のあの驚きときたら、それは大変なものでした。
 死体解剖学の知識が、生きている自分のからだと、突如として一つになり、新しいからだ観が生まれ出たのです。私にとってまさに革命的な一瞬だったのです。
 それに気がついて、そういった目で生きているからだを見始めると、今まで学んできた理論がいかに間違っていたかということが、実にはっきりと見えてきて、からだ以外のすべてについての価値観の転換までも、私に迫ってきたのです。このことに気がつかなかったら、「体液主体説・非意識主体説」などの、私の体操の基本の考え方は、生まれなかったわけです。

【『野口体操・からだに貞(き)く』野口三千三〈のぐち・みちぞう〉(柏樹社、1977年/春秋社、2002年)】

 野口三千三の悟りといってよい。人体における水分の比率は成人男性で60%である。人間は食糧がなくても数週間は生きることができるが、水がなければ4~5日で死ぬ。その意味では海から陸に上がった動物はすべて体内に海を抱えていると考えていいだろう。

 野口体操では「ゆり(揺り)」「ふり(震り、振り)」を重視する。「人体は液体である」との発想から生まれたユニークな運動だ。このため無理に痛みを堪(こら)えて行う柔軟運動は禁じられている。飽くまでも心地よい範囲で体内の変化を見つめるのだ。

 例えば影武流合気体術の様々な種類の当て身(パンチ)は明らかに「人体を液体」と見なしている節(ふし)がある。あるいは太極拳の站樁功(たんとうこう/立禅)や気功のスワイショウなども、やや液体志向である。

 液体は流動的であり、皮膚や筋肉よりも諸行無常を観じやすい。