古本屋の殴り書き

書評と雑文

髪は死んだ

金利に翻弄される世界経済/『21世紀型大恐慌 「アメリカ型経済システム」が変わるとき』山崎養世

『円高円安でわかる世界のお金の大原則』岩本沙弓

 ・金利に翻弄される世界経済

『ドル消滅 国際通貨制度の崩壊は始まっている!』ジェームズ・リカーズ

 1つだけ言えることは、世界第1位の経済大国であっても、無縁に借金できるわけではないということです。
 誰かが、「アメリカは危ない」と判断してアメリカの国債を売り始めたら、売りが売りを呼ぶ展開になり、そうなればもう誰にも止められなくなります。
 アメリカの国債が暴落すれば、通貨ドルの信用も揺らぎ、ドル安が進みます。それは当然、史上最高値の株価に悪影響を与えますので、国債、通貨、株式のトリプル大暴落になることは容易に想像できることではないでしょうか。


【『21世紀型大恐慌 「アメリカ型経済システム」が変わるとき』山崎養世〈やまざき・やすよ〉(PHP研究所、2020年)以下同】

 それなりに面白かったが文章がまずい。「1つ」などと書くセンスを疑う。

 国債の価格が下がると国債金利は上昇する。値下がり分の価格差+金利となるためだ。現在、FRBはインフレを抑制するべく金融引締を行っており、米10年債の金利は上昇し続けている。

 現在のゼロ金利に慣れ親しんだ私たちにとっては、ちょっと信じられないかもしれませんが、1980年代前半、FRB政策金利の誘導目標を20%に設定しており、実際の短期金利が21%に達したこともあったのです。

 日本国債10年物金利は1980年に9.89%まで上がった。この時期、郵便局の定期貯金の金利は8%であった。10年後には2倍になる計算である。いやはや隔世の感がある。

 国家の借金である国債は、金利が上がれば、価格は下がります。現在、世界中に残存するアメリカ国債の平均的な「デュレーション金利感応度)」は、10程度と推計されていますので、1%の金利上昇で国債の価格は約10%下落します。
 仮に金利が、歴史的に見ればそれでも低金利だと言える3%に上がるだけで、国債の価格が約30%下がり、もし金利が5%に上がれば、国債の価格が50%下がるということになりますから、国債の価格が半減してしまう可能性すらあるのです。

「国家の借金」ではなく「政府の借金」である。こうしたデタラメな表現が紙価を下げている。

 個人的には今年の秋頃から大暴落と予想していたのだが、NY筋からはソフトランディングではなく、ウクライナ紛争をテコに軍需産業が復興し、更なる好景気に向かうという話が聞こえ始めた。株価を予知できる人はいない。皆が皆、勝手な予想を述べているだけだ。NYダウは低迷しているが、ひょっとするとどこかで反発するかもしれない。

 新型コロナ騒動は一段落したと言ってよい。ウクライナ紛争はもう1年ほど続くと考えられるが、経済は完全に国家主導で行われる方向にシフトした。

 本書でも具体的に書かれているがアメリカ国民の貧困化を思えば、やはりドルは崩壊することを避けられないように思う。

携帯基地局のベンダーシェア

貧しい肩書/『山手線膝栗毛』小田嶋隆

『我が心はICにあらず』小田嶋隆
『安全太郎の夜』小田嶋隆
『パソコンゲーマーは眠らない』小田嶋隆

 ・極端な定型化が笑いを誘う
 ・貧しい肩書

『仏の顔もサンドバッグ』小田嶋隆
『コンピュータ妄語録』小田嶋隆
『「ふへ」の国から ことばの解体新書』小田嶋隆
『無資本主義商品論 金満大国の貧しきココロ』小田嶋隆
『罵詈罵詈 11人の説教強盗へ』小田嶋隆
『かくかく私価時価 無資本主義商品論 1997-2003』小田嶋隆
『イン・ヒズ・オウン・サイト ネット巌窟王の電脳日記ワールド』小田嶋隆
『テレビ標本箱』小田嶋隆
『テレビ救急箱』小田嶋隆

 世の中には「誰それの息子」でしかない人間とか、「どこどこ大学卒」以上でも以下でもない人間みたいなものがたくさんいる。


【『山手線膝栗毛』小田嶋隆〈おだじま・たかし〉(ジャストシステム、1993年)】

 6月24日、小田嶋隆が逝去した。私はtwitterのタイムラインで知った。心の中を風が吹いた。その文体は昭和軽薄体と謳われた椎名誠以上の影響力があった。鋭さや毒の強さを薄めるセンスが抜きん出ていた。言わばサブカル界の青汁みたいな存在であった。

 内田樹〈うちだ・たつる〉や平川克美〈ひらかわ・かつみ〉あたりに担がれるようになってからは(『9条どうでしょう毎日新聞社、2006年)リベラル色が濃くなり、そのまま左側に流されていった――と考えてきたのだが、元々リベラル傾向は垣間見えた。私が気づかなかったのは私自身もまたリベラルであったためか。

 炸裂する駄洒落の秀逸さもさることながら、町やスポーツを綴らせると右に出る者はいないと思わせるほど巧みであった。経済センスも優れていた。メインストリームから外れた位置で嘲笑するのがオダジマンのスタイルだった。その意味で小田嶋のコラムは狂歌に通じている。

 合掌。