古本屋の殴り書き

書評と雑文

健康

食塩摂取量と高血圧の因果関係

・『日本人には塩が足りない! ミネラルバランスと心身の健康』村上譲顕 ・『「塩」をしっかり摂れば、病気は治る 病気の因を断つクスリ不要の治療法』石原結實 ・食塩摂取量と高血圧の因果関係◯食塩摂取量と高血圧は関係ありますか? と問われた時、多くの…

目次/『DNA再起動 人生を変える最高の食事法』シャロン・モアレム

・目次 ・遺伝子に適した食餌 ・グルテン過敏症ではなく乳化剤過敏症の可能性があるはじめに 序文PART1 DNA再起動 第1のルール 自分の遺伝子に合わせて食べよう 1 なぜ自分の陰電子に合わせて食べることが大切なのか 2 炭水化物を多く摂ったほうがいい人――唾…

グルテン過敏症ではなく乳化剤過敏症の可能性がある/DNA再起動 人生を変える最高の食事法』シャロン・モアレム

・『ファストフードが世界を食いつくす』エリック・シュローサー ・『「食べもの神話」の落とし穴 巷にはびこるフードファディズム』高橋久仁子 ・『給食で死ぬ!! いじめ・非行・暴力が給食を変えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!!』大塚貢…

遺伝子に適した食餌/『DNA再起動 人生を変える最高の食事法』シャロン・モアレム

・『ファストフードが世界を食いつくす』エリック・シュローサー ・『「食べもの神話」の落とし穴 巷にはびこるフードファディズム』高橋久仁子 ・『給食で死ぬ!! いじめ・非行・暴力が給食を変えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!!』大塚貢…

瞑想とは/『あなたはプラシーボ 思考を物質に変える』ジョー・ディスペンザ

・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか』シャロン・モアレム、ジョナサン・プリンス ・『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』デイヴィッド・イーグルマン ・『人間この信…

分析脳(左脳)の弱点/『あなたはプラシーボ 思考を物質に変える』ジョー・ディスペンザ

・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか』シャロン・モアレム、ジョナサン・プリンス ・『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』デイヴィッド・イーグルマン ・『人間この信…

意識が体を変える/『あなたはプラシーボ 思考を物質に変える』ジョー・ディスペンザ

・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか』シャロン・モアレム、ジョナサン・プリンス ・『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』デイヴィッド・イーグルマン ・『人間この信…

遺伝子のユニークな構造/『あなたはプラシーボ 思考を物質に変える』ジョー・ディスペンザ

・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか』シャロン・モアレム、ジョナサン・プリンス ・『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』デイヴィッド・イーグルマン ・『人間この信…

ただ気づくだけで健康状態が一変する/『あなたはプラシーボ 思考を物質に変える』ジョー・ディスペンザ

・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか』シャロン・モアレム、ジョナサン・プリンス ・『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』デイヴィッド・イーグルマン ・『人間この信…

アホエンの効果/『ボケない脳をつくる「ニンニク油」』篠浦伸禎

・脳外科医が勧めるニンニク油 ・アホエンの効果 脳は全体に微少な毛細血管を張り巡らせて、酸素や栄養を送っています。この毛細血管の血流が低下すると脳の働きが悪くなります。それが物忘れや認知症というわけです。 ニンニク油を飲むと、この脳血流が明ら…

脳外科医が勧めるニンニク油/『ボケない脳をつくる「ニンニク油」』篠浦伸禎

・脳外科医が勧めるニンニク油 ・アホエンの効果・脳外科医が勧めるニンニク油 by ひろちば 私が読んだのは篠浦伸禎〈しのうら・のぶさだ〉著『ボケない脳をつくる「ニンニク油」』(青春出版社、2014年)である。ボケない脳をつくる「ニンニク油」作者:篠浦…

鼻うがいのやり方

・『病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる』堀田修 ・『つらい不調が続いたら 慢性上咽頭炎を治しなさい』堀田修 ・鼻うがいのやり方 今年になって頻繁に喉の痛みに悩まされた。無呼吸の傾向があるので横向きで寝るようにした。以前は右…

酢ショウガ

忘れないで!『酢ショウガ』を食べないなんてホント損してるよ。酢ショウガは「老化防止」「体脂肪の燃焼」「冷え性の改善」「高血圧の改善」「コレステロールの低下」「免疫力アップ」「うつ、不眠の改善」「糖尿病の予防」「腸内環境の改善」など食べない…

CT検査はレントゲン検査の1000倍放射線を浴びるので、1日3回1年間連続でレントゲン検査をしているのと同じ

苫米地英人博士「アメリカ政府機関である医療研究所が、"現在の乳がんの最大の要因は、既に医療性の放射線(CT検査)とホルモン療法である"と出している」「CT検査はレントゲン検査の1000倍放射線を浴びるので、1日3回1年間連続でレントゲン検査をしている…

便通対策

知り合いのバアサンが医者からヨーグルトを勧められたという。便通の薬の代わりらしい。馬鹿丸出しだなと思った。きっと女性週刊誌でも愛読している愚かな医者なのだろう。日本人は乳糖不耐症の人が多いので乳製品は避けた方がよい。また、カルシウム・パラ…

ヒモトレでX脚が治った

・『ヒモトレ革命 繋がるカラダ動けるカラダ』小関勲、甲野善紀 ・ヒモトレのヒモパンの巻き方は?100均の丸紐でもカンタンなやり方の解説 | ぎぼんの杜

ヨガによってすべり症を悪化させるケースもある/『すべり症を自分で治す本 1回1分!つらい腰の痛みが改善!』白井天道

・ヨガによってすべり症を悪化させるケースもある・腰痛 当院を訪れるすべり症の患者さんの80%は女性で、ヨガをされている方も少なくありません。 反り腰の改善に効果があるとされるヨガで、腸腰筋をストレッチする「三日月のポーズ(アンジャネーヤーサヤ…

「気」という文化/『養生訓に学ぶ』立川昭二

・『すらすら読める養生訓』立川昭二 ・「身」の意味 ・「気」という文化・『養生訓』貝原益軒:松田道雄訳 ・『養生訓・和俗童子訓』貝原益軒:石川謙校訂 ・身体革命 ・必読書リスト その四 「身」という日本語は外国語に翻訳しにくいが、それと同じように…

「身」の意味/『養生訓に学ぶ』立川昭二

・『すらすら読める養生訓』立川昭二 ・「身」の意味 ・「気」という文化・『養生訓』貝原益軒:松田道雄訳 ・『養生訓・和俗童子訓』貝原益軒:石川謙校訂 ・身体革命 ・必読書リスト その四 日本語の身にはさまざまな意味がある。たとえば、「身をたて」は…

プロテイン再考/『心と体を強くする! メガビタミン健康法』藤川徳美

・『精神疾患は脳の病気か? 向精神薬の化学と虚構』エリオット・S・ヴァレンスタイン ・『〈正常〉を救え 精神医学を混乱させるDSM-5への警告』アレン・フランセス ・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『身体はトラウマ…

西田昌司×吉野敏明 参政対談

・『小麦は食べるな!』ウイリアム・デイビス ・西田昌司×吉野敏明 参政対談 党派を超えた関係性はこれほど心地よいものか。個人的にはこのお二方を見損なっていたことを恥じた。西田は自民党参議院議員でありながら、なんと吉野の応援演説まで行っている。

脂質の摂取割合が高いと死亡リスクが低く、糖質の摂取割合が高いと死亡率が高い/『最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門』溝口徹

・『精神疾患は脳の病気か? 向精神薬の化学と虚構』エリオット・S・ヴァレンスタイン ・『〈正常〉を救え 精神医学を混乱させるDSM-5への警告』アレン・フランセス ・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『身体はトラウマ…

オメガ3(n-3系)脂肪酸/『最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門』溝口徹

・『精神疾患は脳の病気か? 向精神薬の化学と虚構』エリオット・S・ヴァレンスタイン ・『〈正常〉を救え 精神医学を混乱させるDSM-5への警告』アレン・フランセス ・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『身体はトラウマ…

分子整合栄養学/『最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門』溝口徹

・『精神疾患は脳の病気か? 向精神薬の化学と虚構』エリオット・S・ヴァレンスタイン ・『〈正常〉を救え 精神医学を混乱させるDSM-5への警告』アレン・フランセス ・『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ ・『身体はトラウマ…

MedicationからMeditationへ/『最高の老後 「死ぬまで元気」を実現する5つのM』山田悠史

・『人は口から死んでいく 人生100年時代を健康に生きるコツ!』安藤正之 ・MedicationからMeditationへ 米国老年医学会が低減する健康な老後に不可欠な「5つのM」 The Geriatrics 5Ms framework 1 Mobility 〔からだ〕 ――身体機能 2 Mind 〔こころ〕 ――認知…

人種によって罹患率が7倍も違う/『果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?』ロバート・H・ラスティグ

・『砂糖の世界史』川北稔 ・目次 ・人類は太りすぎで死ぬ ・人種によって罹患率が7倍も違う・『「お菓子中毒」を抜け出す方法 あの超加工食品があなたを蝕む』白澤卓二 ・『砂糖をやめればうつにならない』生田哲 ・『アレルギーは「砂糖」をやめればよくな…

人類は太りすぎで死ぬ/『果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?』ロバート・H・ラスティグ

・『砂糖の世界史』川北稔 ・目次 ・人類は太りすぎで死ぬ ・人種によって罹患率が7倍も違う・『「お菓子中毒」を抜け出す方法 あの超加工食品があなたを蝕む』白澤卓二 ・『砂糖をやめればうつにならない』生田哲 ・『アレルギーは「砂糖」をやめればよくな…

目次/『果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?』ロバート・H・ラスティグ

・『砂糖の世界史』川北稔 ・目次 ・人類は太りすぎで死ぬ ・人種によって罹患率が7倍も違う・『「お菓子中毒」を抜け出す方法 あの超加工食品があなたを蝕む』白澤卓二 ・『砂糖をやめればうつにならない』生田哲 ・『アレルギーは「砂糖」をやめればよくな…