古本屋の殴り書き

書評と雑文

4種類のメンタルモデル/無意識がわかれば人生が変わる 「現実」は4つのメンタルモデルからつくり出される』前野隆司、由佐美加子

『潜在意識をとことん使いこなす』C・ジェームス・ジェンセン
『こうして、思考は現実になる』パム・グラウト
『こうして、思考は現実になる 2』パム・グラウト
『自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング』アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ
『あなたという習慣を断つ 脳科学が教える新しい自分になる方法』ジョー・ディスペンザ
『ゆだねるということ あなたの人生に奇跡を起こす法』ディーパック・チョプラ
『未来は、えらべる!』バシャール、本田健
・『ソース あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。』マイク・マクマナス
『ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー』由佐美加子、天外伺朗

 ・生存適合OS
 ・4種類のメンタルモデル

『奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき』ジル・ボルト・テイラー
『悟り系で行こう 「私」が終わる時、「世界」が現れる』那智タケシ
『わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと』サリー・ボンジャース
『ブッダの教え一日一話 今を生きる366の智慧』アルボムッレ・スマナサーラ
『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』草薙龍瞬
『ザ・ワーク 人生を変える4つの質問』バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル
『タオを生きる あるがままを受け入れる81の言葉』バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル
『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ

悟りとは
必読書リスト その五

由佐●でも、その作業を続けていたあるとき、人々の奥底にある痛みからつくり出された信念(=メンタルモデル)が、【価値なしモデル】(わたしには価値がない)、【愛なしモデル】(わたしは愛されない)、【ひとりぼっちモデル】(わたしはひとりぼっちだ)、【欠陥欠損モデル】(わたしには何かが決定的に欠けている)の【4種類に集約できる】ことが見えてきたんです。


【『無意識がわかれば人生が変わる 「現実」は4つのメンタルモデルからつくり出される』前野隆司〈まえの・たかし〉、由佐美加子〈ゆさ・みかこ〉(ワニプラス、2020年)以下同】

「痛みからつくり出された信念(=メンタルモデル)」こそがその人を形成している。通常、我々が考える政治信条や思想・哲学は言葉で編まれた概念である。それは思考「スタイル」(石川九楊)といってよい。由佐が説くメンタルモデルは感情や情動をも含んでいて、無意識の反応にまで迫るものだ。なぜ無意識かといえば、幼児期の言葉を覚える以前に恐怖感を通して形成されたためだろう。

前野●メンタルモデルの基本となるのは、対話ですか?

由佐●はい。【いちばん大事なのは問いの力】だと思っています。相手の潜在意識のなかにある真実を聴くことですね。

 それを実務の中から見出したところが由佐の恐るべき点である。本書は凡庸な学者と優れた実務家の対話といってよい。私は前野の著作は数冊目を通したが読了したものは一冊もない。受動意識仮説はトール・ノーレットランダーシュの焼き直しにしか見えなかった。

由佐●人間は、小さいころに体験した【痛みを避けるための信念】を無自覚に持っています。そして、その信念から人生におけるすべての行動が自動的につくり出されている。でも、その自覚はなく、【自分の日々やっていることを「良いことだ」「意味のあることだ」と頭で正当化しています】。

 業(ごう)の本質が見えてくる。痛みを避ける生き方を言葉で正当化しながら、我々は同じ場所をグルグル回っているわけだ。「痛みを避ける」価値観を善悪と錯覚するところに病状の深さがある。脳機能は言葉を操って自分自身を騙しているわけだから。

由佐●わたしたちは自分の内側から認知し、解釈した世界を生きています。同じ出来事を見ても、人によって捉え方や反応は違う。その意味で【「現実」をつくっているのは、明らかに無意識です】。すべての体験は、認知によって得られている。だからこそ、鍵になるのは、現実に起こっている出来事です。自分の世界で何が起きているのか、つまり、何を体験したのか、を手がかりにして、本質を手繰り寄せて、感じていく。そうすることで、無意識の世界に踏み込んでいけるのです。

 つまり、私とは「鏡」なのだ。そこには人それぞれの歪みや色、そして汚れがある。その「歪み」がメンタルモデルであり、「歪み」を自覚することができれば「異なる現実」が見えてくる。